会社設立等の手続

株式会社の設立手続きは、以下の順序に従って行います。
設立においては、発起設立が大半ですので、発起設立の場合を紹介します。

(1)手続きの流れ

Step-1定款の作成発起人(会社に出資する人)は、定款(会社内のルール)を作成します。
Step-2公証人による定款の認証公証人が法律上の要件を満たしているかを確認します。定款の1通が公証人役場に保管されます。うえ、買主様から売主様へ代金の支払いをします。
Step-3取締役、代表取締役等の選任・選定発起人の間で、取締役・代表取締役になる人を選びます。
Step-4金銭の払込み株主となるためには、会社に対して出資する必要があります。一般に、これが「資本金」と呼ばれるものです。
Step-5法務局に設立の申請最後に、必要書類を揃えて、法務局に申請書と一緒に提出します。

取締役等の変更手続き

株式会社の取締役の任期は、原則、およそ2年です。会社ごとに定款で任期について異なる定めをしていますので、まずは会社の定款の記載を確認下さい。
任期が過ぎているにもかかわらず、選任の手続きをしない、または選任はしたが変更の登記をしなかった場合は、過料に処せられます。

株式会社への商号変更手続き

定款変更に係わる株主総会の決議後、株式会社に移行する登記申請手続きをすることによって、株式会社へ移行します。

初回のご相談について

来所される際は、電話にて日時の
御予約と簡単な相談内容をお伝え
頂きますようお願い致します。

問い合わせ先

所在地:〒885-0073
宮崎県都城市姫城町15-7-1

TEL:0986-22-0880

営業日:月~金/9時~17時